日々善進!日々感謝!!

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< irodori一周年。 | main | 【渋谷区・同性パートナーシップ証明書制度についてのアンケートご協力のお願い】 >>

「バンキシャ」出演&もろもろ。


東京レインボープライドが終わって早一ヶ月。
ちょっとは落ち着くかなと思いきや、なんだか毎日バタバタしております。。


渋谷区の同性パートナー条例の件もあってか、様々な業界の様々な方からの問合せや講演依頼も増えていて嬉しい限り。


講演会を始めてから今年でちょうど10年がたちますが、
性同一性障害の当事者としての話からLGBT入門、国内外の動向、教職員研修から企業コンサル的なものまで。
呼んでいただければ全国どこでも伺います。いつでも気軽にお問合せくださいませ。

連絡はこちらから→ http://fuminos.com/contact.html


2年目に突入したirodori/カラフルステーションもよろしくです。基本的には毎日ここにおりますので、こちらも是非遊びにいらしてくださいね。


そして本日は日テレ「バンキシャ」に出演予定です。

久々の生放送、ちょっとドキドキですが楽しんできたいと思います。


ではでは♪

- | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

初めまして。バン記者を拝見致しました。私は、性とは人間の付属に過ぎないと思っています。生き物には両性もいます。時と場合によっては、オスになったりメスになったり、人間などの他の動物よりも柔軟な生き方をしています。ただ、命を生み出すのは、単性では不可能です。たとえ試験管の中であっても、卵子と精子は生命誕生の必須条件です。体は、その為の備えにすぎません。ある番組でアメリカの女性同士の家族を取り上げていました。彼女たちは自分たちの子供が欲しいと望みます。元女性の男性の方が人工授精します。彼女(彼)には、子宮が残っていたからです。私は、違和感を覚えました。自分の生まれながらの体を厭いながら、その機能を利用して、自分たちの欲望を叶えたのです。厭う体は、自分の望むものではなかった、と同時に、自分で作り上げたものではありません。与えられた体は、パーツではありません。取り去ったり、取り付けたり、機械ではありません。それを、作ったのは、私達自身ではありません。性の選択は自由です。でも、どこかに、何が何でも自分の望むように生きたい、という我が見え隠れしています。
宇野富士子 | 2015/06/07 6:52 PM
『バンキシャ』見ました。私はLGBTの皆さんを応援します。
親を選んで生まれてこれないのと一緒で、性別も選べないし、私は女性ですが、女性で良かったと思いますし、男性が好きなので、私は自分の性別と中身が合っていたというだけだと思います。

体にメスを入れないと戸籍の変更が出来ないとか、大変なことが沢山あるみたいですが、保険の適用とかもっと社会が変わらないといけないと思います。
ハルピー | 2015/06/07 6:55 PM
テレビ拝見しました!
生きる姿勢がとても素敵に感じました。
これからのご活躍を期待しております。
お体に気をつけて活動がんばってください!
まゆ | 2015/06/07 6:56 PM
バンキシャお疲れ様です^−^

文野君の話はいつもわかりやすい。

今までも家族からLGBTについて聞かれたら、
文野君が発信してきてくれたことを参考にして説明してきました。

今日は家族全員でバンキシャを観ることができてうれしかったな。

めぐ | 2015/06/07 7:57 PM
コメントする